代名詞・小詞

イタリア語の代名詞 間接目的語代名詞は「誰に」のみ補語する

こんにちは。住めば都@italiano la sfidaです。前回、イタリア語の直接人称”補語”代名詞(直接目的語代名詞)について、確認しました。今回は、間接人称代名詞(間接目的語代名詞)について、確認しよう!

イタリア語の間接目的語代名詞の形式について

まずは、表にしてまとめてみた。

間接目的語代名詞(Pronomi indiretti)
人称弱変化形式(forma debole)強変化形式(forma forte)
1人称単数mi (= a me)me (a me, di me, con me, per me…)
2人称単数ti (= a te)te (a te, di te, con te, per te…)
3人称単数(男性)gli (= a lui)lui/sé (a lui, a sé, di lui, di sé…)
3人称単数(女性)le (= a lei)lei/sé (a lei, a sé, di lei, di sé…)
3人称単数(敬称)Le (= a Lei)Lei/sé (a Lei, a sé, di Lei, di sé…)
3人称単数ne (= di/da lui; di/da lei)
1人称複数ci (= a noi)noi (a noi, di noi, con noi, per noi…)
2人称複数vi (= a voi)voi (a voi, di voi, con voi, per voi…)
3人称複数gli (= a loro)loro (a loro, di loro, con loro, per loro…)
3人称複数ne (= di/da loro)

※スマホ、タブレットで閲覧の方は、上の表組部分を指で横に動かすと表示します。

間接目的語代名詞の弱変化形式は、”誰(a chi?)に”のみ補語する

例文

Telefonerò a voi domani = Vi telefonerò domani.

a voi = Vi
君たちに明日電話する

Porta le fotocopie a noi = Portaci le fotocopie.

a noi = ci
私たちにコピーを持ってきて

通常は動詞の前に置き、人か動物に対して代替えで使う

例文で見てみよう!

Hai telefonato a Paolo? Sì, gli ho telefonato. (gli = a Paolo)

Che cosa hai detto a Maria? Le ho detto di studiare. (le = a Maria)

Che cosa hai dato al gatto? Gli ho dato il latte. (Gli = a gatto)

Mi passi il sale per favore? (mi = a me)

Hai scritto al tuoi genitori? Sì, gli ho scritto. (gli = a loro, ai genitori)

間接目的語代名詞を使う場合は、質問が「誰に(A CHI?)」答えるかがポイント!
Hai telefonato a Paolo? Sì, gli ho scritto. (A CHI? A Paolo!)
Che cosa hai detto a Maria? Le ho detto di studiare. (A CHI? A Maria!)

動詞の前に置く場合

直接目的語代名詞と同様に、直接法、接続法、条件法の動詞の場合は、動詞の前(動詞と切り離して)に置く

直接法現在形の場合

gli dico

私は、彼に言う

接続法半過去形の場合

se gli dicessi

もし私が、彼に言ったら

条件法現在形の場合

gli direi

私は、彼に言うだろう

gli = a lui

動詞の後に置く場合

直接目的語代名詞と同様に、不定詞、命令法、ジェルンディオの動詞の場合は、動詞の後に(動詞と統合されて)置く

不定詞の場合

dirgli

不定詞の場合、動詞の原形語尾「e」を取って、間接目的語代名詞を付ける

命令法の場合

digli

彼に言いなさい

ジェルンディオの場合

dicendogli, mi è risolto un po’.

彼に伝えることで、少しは解決した。

弱変化形式は、mi, ti, gli, le, Le, ne, ci, vi, gliのこと

間接目的語代名詞は、特定の動詞と一緒に使う

  1. Dire, Parlare, Raccontare, Domandare, Chiedere, Rispondere, Scrivere, Telefonareなど
  2. Piacereの自動詞
  3. Servire, Bastare, Sembrareなどの非人称形式の動詞
こちらもご確認ください。

間接目的語代名詞の強変化形式は、”前置詞によって挿入されたすべて”を補完する

例文

Vengo con te.

Abbiamo parlato molto di voi.

Questo regalo è per lei.

Attenzione! 3人称単数形「sé」を使う場合の注意点

代名詞が文の主語を指すときは、3人称単数lui, leiの代わりを使う。

例文

Michele pensa solo a .

= Michele
この場合は、ミケーレ自身のことを指し、ミケーレはエゴイストで、自分だけのことを考え、他人のことは考えないという意味になる

・・・エゴイスト!?

代わりに、

Michele pensa solo a lui.

lui ≠ Michele
この場合は、ミケーレ以外の人(例えば、彼の息子、兄、彼の友達など)を指している

強変化形式は、me, te, lui/sé, lei/sé, Lei/sé, noi, voi, loroのこと

最後に

要点をまとめると・・・

間接目的語代名詞の弱変化形式は、”誰(a chi?)に”のみ補完する

  • mi, ti, gli, le, Le, ne, ci, vi, gliのこと
  • 直接目的語代名詞と同様に、直接法、接続法、条件法の動詞の場合は、動詞の前(動詞と切り離して)に置く
  • 直接目的語代名詞と同様に、不定詞、命令法、ジェルンディオの動詞の場合は、動詞の後に(動詞と統合されて)置く

間接目的語代名詞の強変化形式は、”前置詞によって挿入されたすべて”を補完する

  • me, te, lui/sé, lei/sé, Lei/sé, noi, voi, loroのこと
  • 代名詞が文の主語を指すときは、3人称単数lui, leiの代わりを使う。

Foto di Mediamodifier da Pixabay