代名詞, 動詞, 名詞

Piacere! はじめまして!

こんにちは。
何事も学習には、知識を深めるためインプットしたらアウトプットが効果的なので、このブログでアウトプットして自己の学習効果を高め、未熟者ながらイタリア語を勉強している同志に共有できればと、始めました。
事始めにちなんで、Piacereについて、掘り下げます。

初対面の挨拶で使う Piacere は名詞(il nome)

意味:喜び、楽しみ
ちなみに男性名詞なので、定冠詞 il を付てil piacere となる。
挨拶の時は、「会えてうれしい」という意味で「初めまして」というような表現になる。
例えば、

Mi chiamo Michele. Piacere.

Piacere, Michele. Sono Sandra.

という感じになる。

でも実際にイタリアで初対面の挨拶は、自分の名前だけ

余談だけど、実際に初対面の挨拶で、Mi chiamo や Piacere はあまり言わないなぁ。
自分の名前を言いながら、握手する。満面の笑顔付きで。
例えば、

Michele.

Sandra.

なんだけど、私の場合、例えば夫と買い物中に夫の知人と遭遇し、私は初対面なので夫から「Mia moglie」と紹介してもらうんだけど、自分の名前をいつも言えていない。。

夫:Mia moglie.

知人:Michele.

私:Piacere.

私:・・・(自分の名前言ってなかった。。。汗)
で、相手は特に気にも留めず夫と話し込み、私は会話の中に入っていけず、最終的にチャオー!で終話。汗

動詞(il verbo)のPiacere

動詞のPiacereは、自動詞*1(il verbo intransitivo)になる。
意味:<・・・にとって>好みである、<・・・の>気に入っている(<>の中は、前置詞のaが付き、その意味にあたる)
例文:Mi piace il cioccolato. 私はチョコレートが好きだ
直訳すると、「私にとってチョコレートは好みである」とか「私の気に入ってるチョコレート」っていう感じになる。日本語翻訳は「私はチョコレートが好きだ」なんだけど、イタリア語を理解する上では、このほうがしっくりくる?
というのは、主語(sogetto)は、チョコレート(il cioccolato)で、私ではない。
A me piace il cioccolato.
A me = Mi 私にとってという意味になる。

間接代名詞(Pronomi indiretti)
a me mi
a te ti
a lui gli
彼女 a lei le
あなた(敬称) a Lei Le
私たち a noi ci
君たち a voi vi
あなたたち a loro gli

ちなみにイタリア語を学習している人なら知っているけど、イタリア語の動詞は、人称ごとに変化するのだが、Piacereは一般的に単数形(singolare)と複数形(plurale)のみに変化する。
例えば、

直接法現在(L’indicativo il presente)の場合

Mi piace + 単数名詞(il nome singolare)
もしくは、
Mi piace + 不定詞(infinito)
例文:
Mi piace l’arte.
Mi piace la pittura.
Mi piace visitare i musei.

Mi piacciono + 複数名詞(il nome plurale)
例文:
Mi piacciono i dipinti.
Mi piacciono le opere d’arte.

直接法近過去(L’indicativo il passato prossimo)の場合

Mi è piaciuto/a + 単数名詞(il nome singolare)
例文:
Mi è piacituto il film.
Mi è piacituta la storia.

Mi sono piaciuti/e + 複数名詞(il nome plurale)
例文:
Mi sono piaciuti gli attori.
Mi sono piaciute la musica e la fotografia.
という感じになる。
複数形は、男性名詞と女性名詞でさらに変化するので注意。

最後に

はじめまして!のPiacereは名詞。動詞のPiacereは、今回は直接法現在と直接法近過去で掘り下げてみましたが、他にも表現方法があるので、またの機会に掘り下げます。

*1:自分自身の動作・作用を表す動詞