Italiano La Sfida - イタリア語の挑戦

目指せ!イタリア語 CILSレベルB1合格!のための備忘録

イタリア語の動詞 再帰形動詞って何? 聞きなれない文法用語で、日本語から勉強しなおしたい。。

こんにちは。住めば都@italiano la sfidaです。イタリア語の動詞、再帰形動詞・・・またもや聞きなれない文法用語だ。いったいなんなのか確認しよう!

イタリア語の多くの動詞は再帰形で活用でき、自分自身についての動作を示す

例文をみていみよう!

1)Io lavo i piatti.(私は皿を洗う)←これは、通常の動作形動詞

2a)Io mi lavo.(私は私の体を洗う)←これは、直接的再帰形動詞

2b)Io mi lavo i denti.(私は私の歯を磨く)←これは、間接的再帰形動詞

例文1)は、i piatti(皿)をlavare(洗う)動作に対して、例文2a)、2b)の動作は、自分自身についての動作を示す。これを再帰形動詞と言う

再帰形動詞は、いつも再帰代名詞(il pronome riflessivo)をつけて使う。再帰代名詞って何?

再帰形動詞は通常使う活用形で、再帰代名詞と組み合わせてる。

再帰代名詞っていうのは、下の表で確認しよう!

主語 再帰代名詞(Pronomi riflessivo)
io mi
tu ti
lui/lei/Lei si
noi ci
voi vi
loro si

再帰形動詞lavarsiで、どのように使うか表にしてみた。

現在形 未来形 半過去形 近過去形
mi lavo mi laverò mi lavavo mi sono lavato
ti lavi ti laverei ti lavavi ti sei lavato
si lava si laverà si lavava si è lavato
ci laviamo ci laveremo ci lavavamo ci siamo lavati
vi lavate vi laverete vi lavavate vi siete lavati
si lavano si laveranno si lavavano si sono lavati

再帰形動詞の過去を表すとき、つまり過去分詞を使うときは、助動詞essereを使う

動作形動詞の時は、助動詞avereを使うけど、再帰形動詞の場合は、助動詞essereと組み合わせる

動作形動詞の場合

例文

Ho lavato le calze.(私は、靴下を洗いました)

Ho asciugato i bicchieri.(私は、グラスを乾かしました)

Ho guarudato la televisione.(私は、テレビを見ました)

再帰形動詞の場合

Mi sono lavato.(私は、自分の体を洗った) Mi sono lavato le mani.(私は、自分の手を洗った)

Mi sono asciugato.(私は、自分の体を拭いた) Mi sono asciugato i capelli(私は、自分の髪の毛を乾かした)

Mi sono guardato allo specchio.(私は鏡で自分を見た)

ポイントは、再帰形動詞の場合は、助動詞essereと組み合わせること!

相互的再帰形動詞っていうのもある

人称代名詞が再帰形の意味を持たない場合は、相互的再帰形動詞もある。

どういう事かというと、noi, voi, loroの間のみで、つまり2人以上の人が、お互いに行う動作を示す。

例文

I bambini si picchiano.(子どもたちは、殴り合う)

子どもたちが、自分自身をたたくのではなく、複数の子どもが、それぞれ他の子どもをたたくことを示す。si picchianoは、loro間を指す。

Attenzione! 代名詞形動詞っていうのもあって、使い方は同じ

ちなみに、代名詞形動詞というのがあって、使い方は、再帰形動詞と同じ。

しかし、再帰形の意味ではない。

例えば、accorgersi(…に気がつく《di》), pentirsi(…を後悔する《di》), vergognarsi(...を恥じる《di》), sedersi(着席する), arrabbiarsi(腹を立てる), addormentarsi(居眠りする)など

例文:accorgersiの場合

Mi sono accorto di aver lasciato la borsa in treno.(私は、電車の中にカバンを置き忘れたことに気がついた)

accorgersiは、その行動に気がつく意味で、自分自身についての動作ではない
ちなみに、前置詞diか、di+不定詞の形式で表現する。

最後に

要点をまとめると・・・

  • 再帰形動詞は、自分自身についての動作を表現する動詞
  • 再帰形動詞は、再帰代名詞 mi, ti, si, ci, vi, siと組み合わせて使う
  • 再帰形動詞の過去形は、再帰代名詞と助動詞essereと過去分詞を組み合わせて使う
  • 相互的再帰形動詞は、2人以上の人が、お互いに行う動作を示す
  • 代名詞形動詞は、再帰形動詞と使い方は同じだが、再帰形の意味ではない