動詞

イタリア語の動詞 直接法近過去形は、「完全に終わったこと」を示す

こんにちは。住めば都@italiano la sfidaです。(←さりげなくアピール!ツイッターアカウント。笑)

イタリア語の動詞、過去形は過去のことを表すけど、”近”過去って何んだ?って学習し始めたとき思った。今回は、イタリア語の動詞、直接法近過去形の基本について掘り下げよう!

イタリア語の動詞 直接法近過去形は、完了時制

近過去って響きがどうもしっくりこないんだけど、いったいどういうものなのか確認しよう!

近い過去のことも、遠い過去のことも完全に終わっていることを表す動詞。

例文

Stamattina ho mangiato pane e marmellata.(今朝、私はジャムとパンを食べました

この場合は、今朝の出来事で、既に完了している近い過去

Sono nata nel 1989.(私は、1989年に生まれた

この場合は、1989年の出来事で、既に完了している遠い過去

近過去は完了時制で、助動詞と過去分詞の2つの単語で形成

近過去は完了時制で、2つの単語で形成される。

例文

ho giocato(私は遊びました), sono andato(私は行きました)

ho(avere [io])とsono(essere [io])は助動詞で、 giocato(動詞の原形giocare)とandato(動詞の原形andare)は過去分詞になる

助動詞avereもしくはessere語尾変化を人称ごとに変えて、過去分詞1つのパターン(Essereの場合は、単数、複数、男性、女性形でパターンが変わる)で形成する

直接法近過去形 助動詞avereとessere

人称 Avere Essere
io ho sono
tu hai sei
lui/lei/Lei ha è
noi abbiamo siamo
voi avete siete
loro hanno sono

直接法近過去形 一般的なare, ere, ire動詞の過去分詞は、それぞれ1パターンのみ!

過去分詞は、are, ere, ire動詞の語尾変化を、一般的にato, uto, itoと変えるだけ!

parlare(話す)、credere(信じる)、sentire(聞く・感じる)を使って見てみよう!

人称 parlare credere sentire
io parlato creduto sentito
tu parlato creduto sentito
lui/lei/Lei parlato creduto sentito
noi parlato creduto sentito
voi parlato creduto sentito
loro parlato creduto sentito

人称ごとの語尾変化がない!

直接法近過去形 不規則な過去分詞

不規則な過去分詞はたくさんある。最も重要なリストをあげてみたよ!

第一活用

fare(する) → fatto

第二活用

accendere(火をつける) → acceso

bere(飲む) → bevuto

chiedere(聞く・質問する) → chiesto

chiudere(閉める) → chiuso

decidere(決める) → deciso

dipingere(塗る) → dipinto

dividere(分割する) → diviso

leggere(読む) → letto

mettere(置く) → messo

nascondere(隠す) → nascosto

prendere(取る) → preso

rimanere(留まる) → rimasto

rispondere(答える) → risposto

spendere(費やす) → speso

togliere(切る) → tolto

vincere(勝つ) → vinto

rompere(壊れる) → rotto

scegliere(選ぶ) → scelto

scendere(降りる) → sceso

scrivere(書く) → scritto

第三活用

aprire(開く) → aperto

dire(言う) → detto

morire(死ぬ) → morto

venire(来る・相手のところへ行く) → venuto

これら多くは助動詞avereを使う。
でも、自動詞と呼ばれるグループ助動詞essereを使う。

自動詞って言われてもピンとこないけど、
自身が動く動作(andare, arrivare, partire, tornare, venireなど)や自身が変わる動作(diventare, morie, nascere, crescereなど)は助動詞essereとなる。

例文

動詞Mangiare

Io ho mangiato. (私は食べました)

この場合は、食べる動作なので助動詞avereで、io(私)ho~となる。

動詞Andare

Io sono andato/a.(私は行きました)

この場合は、自身の動作なので助動詞essereで、io(私)sono~となる。

Attenzione! 助動詞essereを使うときの注意点

人称が単数、複数、男性、女性形の時、助動詞avereの場合は、過去分詞は同じ

助動詞essereの場合は、主語とともに変更する必要がある。

例文

Pierpaolo è andato.

Mariella è andata.

Pierpaolo e Giorgio sono andati.

Mariella e Carla sono andate.

Pierpaolo e Mariella sono andati.

男性形単数は語尾「o」で、andato
女性形単数は語尾「a」で、andata
男性形複数は語尾「i」で、andati
女性形複数は語尾「e」で、andate
男性女性混合複数は語尾「i」で、andati

最後に

要点をまとめると・・・

  • 直接法近過去形は、完了時制で、近い過去も遠い過去も「完全に終わったこと」を示す。
  • 助動詞avereかessere+過去分詞の2つの単語で形成される。
  • 一般的なare, ere, ire動詞の過去分詞は、それぞれの語尾変化ato, uto, ito
  • 自動詞の場合は、助動詞essereを使い、主語とともに語尾変更が必要。