Italiano La Sfida - イタリア語の挑戦

目指せ!イタリア語 CILSレベルB1合格!のための備忘録

イタリア語の動詞 are, ere, ireの動詞変化と語尾変化、いろいろあり過ぎるので基本をまとめてみた。

動詞は、コミュニケーションの重要な要素。誰が行動するのか、受けるか、主語を指定する。今回は、イタリア語の動詞の基本について掘り下げよう!

イタリア語の動詞は、主語の情報をたくさん与える

例えば、マリアと言う女性の情報を伝えるとして・・・

Che cosa fa?

Maria gioca.

Com'è?

Maria è simpatica.

仮に、行動を行ったり、受けたりする場合・・・

Maria chiama, Maria è stato chiamato.

イタリア語の動詞は、2つのパートに分かれる

語根(radice)と語尾変化(desinenza)

動詞の始めのパートは、無変で、つまり何も変わらない、動詞の基盤となる「語根」。

後のパートは、変化する。つまり「語尾変化」のことで、たくさんの情報を伝える。

どんな感じか確認すると

lavoriamoritornerò

lavorritorn この部分が、「語根
iamoerò この部分が、「語尾変化

イタリア語の動詞は、3つのグループで分かれる

are動詞、ere動詞、ire動詞、これらを動詞変化(coniugazioni)という。

are動詞の場合

例えば、parlare, mangiare, pensare....など

ere動詞の場合

例えば、scrivere, leggere, chiedere.....など

ire動詞の場合

例えば、sentire, partire, dormire.....など

イタリア語の動詞の語尾変化 人に情報を理解させる4つのこと

行動を実行する人

1人称 io noi
2人称 tu voi
3人称 lui / lei / Lei loro

人数(単数形、複数形)

単数形 io tu lui / lei / Lei
複数形 noi voi loro

行動が発生する時制

  • 現在形(presente)
  • 過去形(passato)
  • 未来形(futuro)

行動を示す5つの文法

動詞lavorare(働く)で軽くみてみよう!

不定詞(infinito)

動詞の原形、辞書の見出しのままで、人称、単数、複数を限定しない、その一般的な意味。

lavorare

直接法(indicativo)

実際の状況を表す方法

lavoriamo(現在形、noiの場合:私たちは働きます)

接続法(congiuntivo)

可能性、疑い、個人的な意見を表す方法

se lavorassi(半過去形、io または tuの場合:もし働いたなら)

条件法(condizionale)

条件に基づいて起こりうることを表す方法

lavorerei, se....(現在形、ioの場合:もし~なら、私は働きます)

命令法(imperativo)

指示するときに表す方法

lavora!(tuの場合:働きなさい!)

それぞれの方法は、たくさんの時制が含まれる

例えば、scriviamoの形式は

  • 動詞scrivereの語根、scriv
  • 語尾変化のiamoは、一人称複数形直接法、時制は現在形を示す。

最後に

おさらいすると・・・

  • イタリア語の動詞は、動詞の基盤となる「語根」と、たくさんの情報を伝える語尾変化」の2つのパートで分かれる。
  • 3つのグループ、are動詞、ere動詞、ire動詞の動詞変化がある。
  • イタリア語の動詞の語尾変化は、いろいろな時制それぞれの方法が含まれる。