Italiano La Sfida - イタリア語の挑戦

目指せ!イタリア語 CILSレベルB1合格!のための備忘録

イタリア語の不定形容詞と不定代名詞  数量をおおざっぱに表現する「Molto」「Tanto」って何か違いがあるの?

イタリア語の「Molto」と「Tanto」は、「たくさん」と言う同じ意味だけど、なんか違いがあるの?? 数量がはっきり決まっていない不定形容詞と不定代名詞について、掘り下げよう!

数量のイメージ画像

イタリア語の「Molto」と「Tanto」の違いがあるのか!?

例文

Ho molti amici.(私は、たくさんの友達がいる)

この場合のMoltiは、不定形容詞。なぜなら、名詞amiciのことを説明していて、友達の人数を5人なのか10人なのか20人なのか、それともそれ以上なのか・・・明確に説明していないから

Anch'io ne ho tanti.

この場合のTantiは、不定代名詞。なぜなら、名詞amiciを使っていないし、友達の人数を明確に説明していないから

うーん。。わかってきたけど・・・まだ十分じゃないなぁ。。

moltotanto結局は、同じ。違いはない。
例文では、Ho molti amici. Anch'io ne ho tanti.としたけど、Ho molti amici. Anch'io ne ho molti.とも言えるし、Ho tanti amici. Anch'io ne ho tanti.とも言える

数量がはっきり決まっていない不定形容詞と不定代名詞はどう使う?

不定形容詞と不定代名詞はさまざま、つまり、名詞の性質・特徴を説明する形容詞の場合と、それらを引用する代名詞の場合に応じて、単数、複数、男性、女性に変わる。

数量がはっきり決まっていない不定形の基本形式

単数形 複数形
男性 女性 男性 女性
poco poca pochi poche
diverso diversi diversa diverse
parecchio parecchia parecchi parechie
tanto tanta tanti tante
altrettanto altrettanta altrettanti altrettante
molto molta molti molte
troppo troppa troppi troppe
tutto tutta tutti tutte

数量がはっきり決まっていない不定形の使い方

単語 形容詞として使う例 代名詞として使う例
poco Mangio poca carne. Ne mangio poca.
diverso Ho visto diverse persone. Ci sono dei bar? Sì, ce ne sono diversi.
parecchio C'era parecchia gente. Erano parecchi.
tanto Oggi c'è tanto sole. Mi vuoi bene? Sì, tanto.
altrettanto Ti auguro altrettanta fortuna. Io ho molti libri e tu ne hai altrettanti.
molto Tu hai molti vestiti. Anche io ne ho molti.
troppo Ci sono troppi errori. Siete troppi!
tutto Tutti i miei amici sono simpatici. Sono venuti tutti.

不定形容詞も不定代名詞も単数、複数、男性、女性形で語尾変化する。
例:Mangio poca carne. Ne mangio poca. carneは女性名詞だから語尾はaNeは代名小詞
Erano parecchiは、男女多数の人を指しているから語尾は男性複数形になる。

Attenzione! 「diverso」「poco」「tanto」「molto」の使い方の注意点

「diverso」は、不定形容詞修飾形容詞の場合と使い方が異なる

不定形容詞「diverso」は名詞の前に置く

例文

Ho diversi libri di storia dell'arte. ( = parecchi libri )

この場合は、名詞libri前に置いてあるので、数多くのという意味合いになる

修飾形容詞「diverso」は名詞の後に置く

例文

Cerco dei libri diversi da quelli che ho già. ( = libri differenti )

この場合は、名詞libri後に置いてあるので、異なったという意味合いになる

「poco」「tanto」「molto」は、比較級と最上級としても使える。
副詞 比較級多数 絶対最上級
poco meno pochissimo
molto più moltissimo
tanto più tantissimo

最後に

要点をまとめると・・・

  • 不定形容詞は名詞に付随しているが、不定代名詞は名詞がなく引用するときに使う。
  • もちろん、単数、複数、男性、女性形で語尾変化する。
  • 不定形容詞「diverso」名詞の前に置くと、多数のという意味合いになる。
  • 修飾形容詞「diverso」名詞の後に置くと、異なったという意味合いになる。

Ho molti amici. Ho tanti amici. Ho diversi amici. Ho parecchi amici.....
ニュアンスの違いはあるけど、要するにこれらすべて同類の意味合いになる!