動詞

イタリア語の動詞 不定詞と組み合わせると、熟語的表現になるけど、前置詞が付く場合と付かない場合がある

こんにちは。住めば都@italiano la sfidaです。

イタリア語の動詞、不定詞(L’infinito)は、他の動詞と組み合わせて一般的に使うけど、前置詞が付く場合と付かない場合がある。不定詞の基本的な使い方について確認しよう!

イタリア語の動詞の不定詞、前置詞と組みわせずに熟語的な表現をする単語は?

補助動詞dovere, potere, volereの場合は、前置詞は付かない

dovere(~しなければならない), potere(~できる), volere(~ほしい)の後は、常に不定詞

例文

Devo studiare dieci pagine di geografia.(私は、10ページの地理の勉強しなければならい

Posso telefonare io, se vuoi.(もし君が望むなら、私は電話できる/もしよければ、電話する)

Vorrei andare a dormire.(私は、眠りに行きたいと思う/私は眠りたい)

補助動詞以外で、前置詞を付けない動詞がある

Piacere

例文

Mi piace molto stare qui.(私は、ここにいるのがとても気に入っている

関接代名詞(mi, ti, gli, le, Le, ci, vi, gli ) + piace / piacciono +不定詞

preferire

例文

Preferisco andare a casa.(私は、家に行くことを好む)

fare

例文

Queste notizie mi fanno stare male.(このニュースは、私を気分悪くさせる)

関接代名詞(mi, ti, gli, le, Le, ci, vi, gli ) + 動詞で、受け身な表現になる

lasciare

例文

Lascia perdere.(忘れてください)

例えば、特に重要性のない会話最中に、「(その話)なかった!忘れて!」っていう感じで”Lascia perdere.”と使う

Lascia stareも類似語で表現する

sapere

なにかできる能力を表す

例文(ioの場合)

so ballare(私はダンスができる), so nuotare(私は泳げる), so sciare(私はスキーができる)

※これらは、ほんの一部です。辞書で確認してください。

ちなみに、動詞essere + 形容詞 + 不定詞の組み合わせもある!

動詞essere+形容詞の表現は、前置詞なしで無限大に組み合わせて構成できる。

例文

È difficile imparare questa lezione.(このレッスンを習うのは難しいです)

Sarebbe bellissimo prendere il sole.(日光浴ができたら最高だろう)

イタリア語の動詞、前置詞と一緒に使う不定詞は?

前置詞AとDI、どっちをつけるんだっけ?て、いつも頭の中で考える・・・ので整理します!

前置詞Aと一緒に使う不定詞

前置詞Aと一緒に使う、いくつかの不定詞をあげてみた!

incominciare, cominciare

例文

Paola ha incominciato a studiare l’inglese.(パオラは英語の勉強をし始めた)

continuare

Continua a leggere.(読み続ける)

divertirsi

Silvio si diverte a collezionare francobolli.(シルヴィオは、切手収集を楽しんでいる)

decidersi

Vincenzo si è deciso a sposarsi.(ヴィチェンツォは、結婚することを決意した)

mettersi

Mettiti a studiare.((君)勉強をはじめなさい)

insistere

Beatrice insiste a chiedergli dei soldi, ma è inutile.(ベアトリーチェは、彼にお金を要求することを繰り返すが、役に立たない)

provare

Prova a telefonare di nuovo.(もう一度電話してみてください)

riuscire

Non riesco a capire questo problema di geometria.(私は、この幾何学の問題を理解できない)

※これらは、ほんの一部です。他にもたくさんあり、辞書で確認してください。

前置詞DIと一緒に使う不定詞

前置詞DIと一緒に使う不定詞を、いくつかあげてみた!

finire

Ho finito di studiare.(私は、勉強し終えた)

pensare

Penso di preparare una bella frittata per cena.(私は、夕食に美味しいオムレツを作ろうと思う)

credere

Credo di aver studiato abbastanza.(私は、十分勉強したと思う)

decidere

Stefan ha deciso di tornare in Romania.(ステファンは、ルーマニアへ戻ることを決めた)

cercare

Cerca di parlare più forte.(大きな声で話してください)

smettere

Smetti di fumare!(煙草をやめなさい!)

ricordarsi

Ricordiamoci di restituire il quaderno a Sara.(サラへノートを返却することを覚えておこう)

dimenticarsi

Ti sei dimenticato di portare la giustificazione?(君は正当化することを忘れた?)

accettare

Jonas ha accettato di fare quel lavoro, anche se non gli piace.(ジョナスは、たとえそれが気にいらなくても、その仕事を引き受けた)

tentare

Tenterò di spiegarti che cosa è successo.(何が起こったか君に説明しようと思う)

rifiutare

Mi rifiuto di tornare da quel medico.(私は、その医者へ戻ることを拒否する)

far finta / fingere

Raffaella fa finta di essere d’accordo, ma poi fa quello che vuole.(ラファエラは、同意するふりをするが、彼女は望むことをする)

sforzarsi

Sforzati di fare più attenzione.(もっと注意するように精一杯努力しなさい)

Attenzione! 動詞pensare, credereは関係代名詞cheを使う場合もある!

di+不定詞の形式は、pensare / credereの主語と前置詞diの後に続く不定詞の主語同じ

例文

Io penso di partire.

io penso e io parto.
私は考える=私は出発する

代わりに、主語が違う場合は、関係代名詞che+直接法か接続法を使う。

例文

Io penso che partiremo.

io penso e noi partiremo.
私は考える=私たちは出発する

Io penso che loro partano.

io penso e loro partano.

私は考える=あなたたちが出発する

※これらは、ほんの一部です。他にもたくさんあり、辞書で確認してください。

最後に

要点をまとめると・・・

  • 補助動詞dovere, potere, volereの場合は、前置詞は付かない
  • Piacere, preferire, fare, lasciare, sapereは前置詞を付けずに使う場合がある
  • 前置詞Aをつけるのは、incominciare, cominciare, provare, riuscireなど
  • 前置詞DIをつけるのは、finire, pensare, credere, decidereなど
  • pensare, credereは不定詞と主語が同じ場合は前置詞DI、不定詞と主語が違う場合は関係代名詞CHE