雑記

イタリア語 会話が盛り上がるリアクション10選

こんにちは。住めば都@italiano la sfidaです。

イタリア語の文法をしっかり学ぶのも大切だけど、イタリア語会話ができなければ元も子もない。CILSの口頭試験とは別ですが、おしゃべり好きじゃない筆者が、新たな目標を立て日頃から会話を磨くため、この機会にイタリア語の相槌や、会話が盛り上がるリアクションについてまとめたいと思います。

イタリア語会話の相槌

日本語もそうだけど、イタリア語の会話中で反応がないと、会話は盛り上がらないですよね。相槌がないと、話している本人は、話を聞いているのかわからないはず。おしゃべり好きじゃなくても、会話中に「あなたの話、ちゃんと聞いてますよ」という意味で相槌を打てば、しゃべりたい人がしゃべってくれる。

とにかく、自ら語れなくても、まずは人の話を聞くことに徹すればいい!(笑)

Sì や Ah, sì と応えるのもありだけど、これだけだと単調すぎて、興味を持って聞いているのか相手には伝わらない。相槌のバリエーションがあれば、話し手にも伝わって、もっと会話が盛り上がるはず!

イタリア語会話が弾むリアクション10選

日本語で言う会話が盛り上がるリアクションを、イタリア語に置き換えたら・・・と思い、取り上げてみました!

すごい!

Che bello/a !

Grande !

Stupendo/a !

Meraviglioso/a !

上記4つは素晴らしいっていう表現で使います。話の内容で男性形か女性形かで語尾o/aが変わります

Ma dai !

驚きの表現で使います。

Wow !

Top !

WowやTopは英語だけど、イタリア人も使う。

いいね!

Che bello/a !

Grande !

Fantastico/a !

Ma dai !

すごい!とほぼ同じ表現だね

さすが!

Che bello/a !

Grande !

Numero Uno !

Numero Unoは、文字通りナンバーワン!という意味で

たしかに!

Certo !

Ma certo !

Maは強調の意なので、ただのCertoより同調が強く、もちろんと言う表現もある

Ha ragione !(敬称で)

Hai ragione !(友達や親しい間柄で)

正しいですって意味で使える

Esatto !

その通りという意味

なるほど!

Ho capito !

理解した!という意味で使います。

そうなんだ!

È così !

È proprio così !

ほんとうに?!

Davvero ?!

Veramente ?!

おもしろい!

Divertente !

Che ridere !

Che ridereは、おもしろいと言うより、ウケる!笑える!めちゃくちゃおもしろいっていう感じで使えます。

知らなかった!

Non lo sapevo !

それ、知らなかった!っていう時に言う

Caspita !  che bravo/a !

ええ!すごい!

caspitaは、この場合、驚きの表現ですが、不快感や強調を表す場合もあります。

勉強になった!

È chiaro !

明確、スッキリという表現で使います。

最後に

「会話を盛り上げる」ということを重点に、イタリア語だったらどう言えるか取り上げました。同じ単語でも、それぞれのシチュエーションで表現の仕方が違います。

他にもイタリア語会話のリアクション表現はあるので、またの機会にまとめます。